ダンプコボレーンシートで土砂やほこりの飛散防止・安全対策!ドライバーの仕事の流れ

ダンプドライバーの仕事は、土砂の運搬や工事現場において欠かせない仕事の一つです。ダンプドライバーは一般的に重労働というイメージを持つ方も少なくないでしょう。ここでは、ダンプドライバーの仕事内容について、また、土砂の運搬時など安全対策に欠かせないダンプコボレーンシートの仕組みについてご紹介します。

ダンプドライバーの一般的な仕事内容

ダンプドライバーの一般的な仕事内容

ダンプドライバーの代表的な仕事は、ダンプを運転して砂利や土砂を建設現場に搬入したり、各種資材を生産工場へ運んだりする仕事です。

仕事の流れを確認してみましょう。まず、業務の開始前にダンプのチェックを行います。パンクの有無やブレーキの効きなどを確認したら、作業監督者からアルコールや体調チェックを受けます。車両・人体に何も問題がなければ、積み荷の種類と配送先を確認して、積載物の引き取りに向かいます。

ダンプドライバーは、ショベルカーなどで積載するのを運転席で見守るのが一般的です。運搬は安全第一なので、過積載がないか厳重にチェックを行い、問題がなければ安全に運べるようにシートを掛けます。

目的地に着くと、ドライバー自身が積み下ろしを行うことも多いです。その際、周囲の安全には何よりも気を配らなくてはいけません。積み下ろしが終わったら作業終了となります。

J-LINE-NAGASAKIでは、ダンプコボレーンに簡単に取付可能な飛散防止シート「J-LINEシート」を提供しています。J-LINEシートは、土砂やほこりの飛散防止に必要不可欠な装置です。安全かつスピーディーな作業の手助けになります。安全性・機能性に優れたダンプ用飛散防止シートをお探しの方は、ぜひJ-LINE-NAGASAKIのJ-LINEシートをご使用ください。

安全が第一!ダンプコボレーンシートの仕組みと役割

安全が第一!ダンプコボレーンシートの仕組みと役割

ここでは、ダンプコボレーンシートの仕組みをご紹介します。

ダンプコボレーンシートは、荷台側壁の前方に配置された電動モーターで回転軸を駆動させて開閉します。積載時には電動モーターを回転させてシートを荷台の内側に閉じることで、土砂などの落下やほこりの飛散がないように上方から押さえる役目です。

ダンプコボレーンシートは安全な運搬のために活用されているだけでなく、周囲に不安を与えない役目も果たします。小さい子どもやお年寄りなど、大型の車両が通過するだけでも不安に感じる方もいます。周囲の方の不安を軽減するためにも、ダンプコボレーンシートで徹底した安全管理を行っているのです。

J-LINE-NAGASAKIでは、安全性・機能性に特化したコボレーンに簡単に取付可能な飛散防止シートの「J-LINEシート」を販売しています。J-LINEシートは、周りに不安感を与えず、安全に運搬するために欠かせません。ダンプ用飛散防止シートの導入をお考えの方は、J-LINE-NAGASAKIでお買い求めください。

土砂・ほこりの飛散防止!ダンプコボレーンシートで日々の作業を安心・安全に!

ダンプコボレーンシートは、ダンプドライバーが安全に業務を遂行するために必要不可欠です。土砂・ほこり対策はもちろん、周囲の方の不安解消にも役立ちます。

J-LINE-NAGASAKIでは、ダンプコボレーンに取付可能な飛散防止シートのJ-LINEシートを販売しています。安全に土砂・ほこり対策できるダンプ用飛散防止シートをお求めの際は、ぜひJ-LINE-NAGASAKIをご利用ください。

ダンプコボレーンシートで土砂やほこりの飛散防止するならJ-LINE-NAGASAKI

会社名 株式会社 J-LINE
代表者 代表取締役 山口二朗
住所 〒859-3701 長崎県東彼杵郡波佐見町折敷瀬郷97-19 インターゴルフガーデン2F
TEL 0956-37-6657
メール info@j-line-nagasaki.co.jp
URL https://www.j-line-nagasaki.co.jp
設立 2020年08月7日
資本金 3,000,000円(2020年8月7日現在)
営業時間 平日月曜日から金曜日の午前10時から午後5時