ダンプ用飛散防止シートをお求めやすい価格で販売!大型ダンプの積み荷・積載量と過積載違反の罰則について

大型ダンプに積み荷を行う際に、最も意識する点は積載量です。最大積載量を超えて積み込むことは道路交通法により禁止されています。ここでは、ダンプ用飛散防止シートをお探しの方に向けて、大型ダンプの積載量について、また積み荷の過積載違反に対する罰則についてご紹介します。J-LINE-NAGASAKIでは、高性能のダンプ用飛散防止シートをお求めやすい価格で提供しています。ぜひご使用ください。

大型ダンプの積み荷・積載量について

大型ダンプの積み荷・積載量について

道路交通法により、最大積載量や車両総重量は定められており、どのような構造や大きさのダンプであっても、法令の基準を超えて積載することはできません。例えば、全長12.0m以下・全幅2.5m以下・全高3.8m以下の大型ダンプの場合、最大積載量6.5t以上、車両総重量11.0t以上と定められています。一般的に10tダンプと呼ばれ、積載量の目安は8.0t~11t程度です。一般的な積載量の目安は8.0t〜11t程度ですが、11tを目標にして積み荷を載せると車両が重くなってしまったり、最大積載量を超えてしまう可能性が高まったりと危険です。

安全に走行するためには、最大積載量よりも少し少なめの積載量を心がけましょう。

J-LINE-NAGASAKIでは、ダンプ用飛散防止シートのJ-LINEシートを販売しています。機能性に優れていながらお手頃価格なので人気が高いです。価格や機能性などJ-LINEシートに関するご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

過積載は法令違反!積み荷の過積載違反に対する罰則について

過積載は法令違反!積み荷の過積載違反に対する罰則について

過積載は重大な法令違反です。

積み荷の過積載違反の罰則はドライバーだけでなく、その会社にも科せられます。

まず、ドライバーに対しては違反点数と罰則金が発生します。

次に会社に科せられる罰則は、運行管理者の資格取消や事業許可取消などです。「運行管理資格者証」という証明書の返納命令が下されます。

この資格がないと、運送会社としての運営はできません。業種によっては運行管理資格者証の返納命令が下されれば営業ができなくなるので、非常に重い罰則であるといえます。

また、荷主に対しても罰則があります。過積載になると知りながら積み込みを容認した場合は、管轄警察署長から再発防止命令が下されます。それが悪質だと判断された場合は、罰金刑や懲役刑が課せられるケースもあるので、ドライバーやそのドライバーの雇用会社だけの問題ではないのです。

罰則のレベルは最大積載量に対してどのくらいの割合で過積載が行われているかによって異なります。最大積載量の5割未満の場合は、違反点数1点と反則金30,000円、5〜10割の場合は違反点数3点と反則金40,000円、10割以上の場合は違反点数6点と10万円以下の罰金になります。

大型ダンプで10割以上の過積載を行った場合は、6ヶ月以下の懲役や100万円以下の罰金など、厳しい罰則が定められています。

最大積載量を守って安全運転を心がけるようにしましょう。

J-LINE-NAGASAKIでは、ダンプ用飛散防止シート「J-LINEシート」をお求めやすい価格で提供しています。飛散防止の為シートを導入や交換をお考えの方は、J-LINE-NAGASAKIのJ-LINEシートをご検討ください。

法令を守って安全に走行しよう!環境対策・作業効率化にダンプ用飛散防止シートをお求めならJ-LINEシート

過積載は決して行ってはいけません。たとえ少しの過積載であっても、法令違反であることに変わりはありません。万が一、過積載で事故があってからでは遅いです。過積載での走行は絶対に行わないようにしましょう。

J-LINE-NAGASAKIでは、ダンプコボレーンに取付可能な飛散防止シート「J-LINEシート」を販売しています。取り付けが約30分で完了でき、軽くて丈夫なJ-LINEシートです。環境対策・作業効率化に優れたダンプ用飛散防止シートをお求めでしたら、ぜひJ-LINEシートをご使用ください。

ダンプ用飛散防止シートをお求めならJ-LINE-NAGASAKI

会社名 株式会社 J-LINE
代表者 代表取締役 山口二朗
住所 〒859-3701 長崎県東彼杵郡波佐見町折敷瀬郷97-19 インターゴルフガーデン2F
TEL 0956-37-6657
メール info@j-line-nagasaki.co.jp
URL https://www.j-line-nagasaki.co.jp
設立 2020年08月7日
資本金 3,000,000円(2020年8月7日現在)
営業時間 平日月曜日から金曜日の午前10時から午後5時