ダンプあおりシートで安全対策・人件費削減!荷役作業時の主な事故の原因と労働災害防止のポイント

ダンプシートの脱着作業中に事故が起こる場合があります。事故を起こさないためにも作業前・作業中は徹底して対策することが重要です。ここでは、シート掛け作業時の事故の原因と安全対策についてご紹介します。

シート掛け作業に起こりがちな事故の原因

シート掛け作業に起こりがちな事故の原因

砂利や土砂を運搬するためにはダンプにシートを掛ける作業が必要です。シート掛け作業は時間や手間がかかるだけでなく、事故につながるおそれもあります。シート掛け作業の事故の原因として考えられるのは、以下の3つです。

・高い積み荷上での作業

シート掛け作業を積み荷の上で行うケースは少なくありません。人が転落するおそれのある危険な作業です。

・積み荷に手足を挟む

作業中に誤って手足を挟んでしまう可能性があります。積み荷の構造をしっかり把握して作業しなければなりません。

・作業時の服装違反

作業中は、安全のために作業帽や安全靴などを着用する必要があります。適切な服装で作業していないと、ちょっとした不注意でケガや事故の原因になります。

上記のほか、シート掛け作業の人数にも注意しましょう。安全にシート掛け作業を行うためには、2人以上の人員が必要です。 人件費削減を図りたい場合は、シート掛け作業が不要の電動式ダンプあおりシートを活用するとよいでしょう。

J-LINE-NAGASAKIのダンプあおりシートは、電動でシートが開閉する画期的なシートです。シート掛け作業を行う必要がありませんので、人件費削減や事故防止につながります。安全かつスピーディーに作業できるダンプあおりシートをお探しの方は、ぜひJ-LINE-NAGASAKIでお買い求めください。

シート掛け作業・積み荷作業時における安全対策!労働災害防止のポイント

シート掛け作業・積み荷作業時における安全対策!労働災害防止のポイント

シート掛け作業や積み荷作業時に事故を防ぐためには、以下のポイントに注意しましょう。

・高所作業はしない

荷台の上での作業や荷物の上での移動はできるだけ避けましょう。荷台上での作業時は、背中を荷台の外側に向けないこと大切です。 また、口頭による指示だけを重視するのではなく、作業前に作成した安全作業手順書に従って作業しましょう。リスクアセスメントを行って安全対策について話し合う機会も必要です。

・作業床の設置や昇降装置の使用

作業床の設置や昇降装置を使用して、安全に作業できる環境を整えましょう。

・安全ネットや安全帯の使用

高所に安全床の設置が難しい場合は、安全ネットや安全帯を使用して労働災害の防止に努めましょう。

・作業帽の着用

万が一の落下に備えて、頭を保護できるようにヘルメットの着用は厳守です。

J-LINE-NAGASAKIでは、電動コボレーンの動作を利用した飛散防止シート「ダンプあおりシート」を販売しています。シート掛け作業が必要ないため、人件費削減にもつながります。ダンプあおりシートに興味のある方はぜひチェックしてみてください。

ダンプあおりシートで安全対策を徹底しよう!シート掛け作業が不要のダンプあおりシートなら人件費削減が可能

作業時にケガや事故を起こさないためには、徹底的な安全対策が必要です。作業を行うのは人間ですので、どうしてもミスが起こる可能性はゼロではありません。ケガや事故を防止するためには、危険な作業が発生しない環境を整えることが大切なのです。

J-LINE-NAGASAKIのダンプあおりシートは、従来の電動コボレーンの動作を活用したシステムにより、シート掛け作業が必要ありません。人件費削減も見込める高性能のダンプ用飛散防止シートです。安全かつ作業効率のよいダンプ用飛散防止シートをお探しの際は、ダンプあおりシートをぜひご検討ください。

ダンプあおりシートで安全対策するならJ-LINE-NAGASAKI

会社名 株式会社 J-LINE
代表者 代表取締役 山口二朗
住所 〒859-3701 長崎県東彼杵郡波佐見町折敷瀬郷97-19 インターゴルフガーデン2F
TEL 0956-37-6657
メール info@j-line-nagasaki.co.jp
URL https://www.j-line-nagasaki.co.jp
設立 2020年08月7日
資本金 3,000,000円(2020年8月7日現在)
営業時間 平日月曜日から金曜日の午前10時から午後5時