ダンプあおりシートで環境対策!10tダンプの積載量を超過!?過積載が引き起こす問題 価格の問い合わせはJ-LINE-NAGASAKIへ

車両の過積載は法律で禁止されており、違反すると厳重な罰則が科せられます。では、なぜ過積載は法律で禁止されているのでしょうか。ダンプの構造によっては、多少最大積載量を超えても問題なく運搬できる場合もあります。しかし、たとえ運搬が可能であっても過積載は重い法律違反なのです。ここでは、ダンプ用飛散防止シートの購入をお考えの方に向けて、過積載による様々な問題について解説していきます。また、土砂等積込み状況の管理についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

過積載による様々な問題とは

過積載による様々な問題とは

4tや10tダンプでの過積載は法令で禁止されています。

ここでは、過積載で起こりうる問題を見ていきましょう。

・交通事故

荷物を多く積んでいると、車のブレーキが効きにくくなります。ブレーキの性能は適正な積載量を前提として設計されています。過積載によって安全装置が正しく機能しなくなると、ブレーキが効かなくなったり、カーブを曲がりきれなくなったりといった問題が発生する可能性が高くなります。最悪の場合、交通事故につながるおそれもあるのです。

・道路、橋梁の損傷

道路や橋梁は、適正な重量の車両の通行を前提として設計されています。規定よりも重量のある車両が通行すると、路面がわだち割れを起こしたり、橋梁が損傷したりといった悪影響を与えてしまうおそれがあります。

・環境問題

10tダンプなどの大型車両が過積載の状態で走行すると、騒音や大量の排気ガスを排出します。環境に与える影響は大きいといえるでしょう。

J-LINE-NAGASAKIでは、脱着が簡単な飛散防止シートの「ダンプあおりシート」をお求めやすい価格で販売しています。土砂運搬時の飛散防止になり、環境対策にも効果的です。安全対策・環境対策に最適なダンプ用飛散防止シートをお探しの方は、J-LINE-NAGASAKIのダンプあおりシートをご検討ください。

過積載の防止対策!「土砂等積込み状況の管理」について

過積載の防止対策!「土砂等積込み状況の管理」について

過積載を防止するために、土砂などの積み込み状況は徹底的な作業管理が必要です。具体的な管理方法をご紹介します。

・目視による計測

土砂などをならした状態で平ボディー以上に積み荷の高さがある場合は、過積載の可能性が高いです。積み荷の高さがどのくらいあるか、目視で計測しましょう。

・自重計

10tなどの大型ダンプカーの使用者は、積載重量を自動的に測定する自重計をダンプに取り付けることがダンプ規制法によって定められています。過積載になっていないか自重計をよく確認してください。

・許可条件の表示

大型ダンプカーの使用者は、国土交通大臣に申請して表示番号の指定を受け、車両の側面と後面に表示しなくてはなりません。表示していない場合、過積載でなくても違反となるので注意しましょう。

上記の項目をしっかりチェックし、過積載を防止することが大切です。

J-LINE-NAGASAKIでは、ダンプコボレーンに簡単に取付可能な飛散防止シートの「ダンプあおりシート」を販売しています。ダンプあおりシートは環境対策に効果的で、土砂などを安全に運搬するためにも必要不可欠です。低価格のダンプ用飛散防止シートをお探しの際は、J-LINE-NAGASAKIをぜひご利用ください。

ダンプあおりシートで環境対策をしよう!10t用のシートをお求めやすい価格で販売

過積載の危険性について、ご理解いただけましたでしょうか。別コンテンツでも紹介していますが、過積載が原因で受ける罰則は非常に重いです。ドライバーだけではなく、事業主や荷主も罪に問われます。過積載にならないように日々努めましょう。

J-LINE-NAGASAKIでは、10tダンプ用など、環境対策に効果的な飛散防止システム「ダンプあおりシート」を販売しています。機能面や価格など、ダンプあおりシートに関するご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

ダンプあおりシートで環境対策をお考えならJ-LINE-NAGASAKI

会社名 株式会社 J-LINE
代表者 代表取締役 山口二朗
住所 〒859-3701 長崎県東彼杵郡波佐見町折敷瀬郷97-19 インターゴルフガーデン2F
TEL 0956-37-6657
メール info@j-line-nagasaki.co.jp
URL https://www.j-line-nagasaki.co.jp
設立 2020年08月7日
資本金 3,000,000円(2020年8月7日現在)
営業時間 平日月曜日から金曜日の午前10時から午後5時