HOME | J-LINE SHEET

小さな町から美しい未来を

 
土砂運搬業務において、飛散防止措置のシートは必要です。
その"シートを掛ける"作業で発生する様々な問題を解決するために製品開発が始まりました。
従来シートの目的は飛散防止や環境保全が第一ですが、その中でも作業効率に特化し、そしてなにより労働者の安全を守りたい
という思いから「シート掛けの手間や危険性を解消する製品を作ることができないか」と自社の整備工場で幾度も試作を重ねて
"自動飛散防止シートシステム"を開発しました。
小さな町から生まれた"J-LINEシート"は労働者の安全と地域の安心を守り続けます。

J-L I N Eシート6つの特徴

 

基準を満たした強度と可動可能な軽さのバランスを実現
特許庁実用新案登録第3228274号登録済み

❶環境問題対策

~土砂運搬時の飛散防止~

空から撮影した海と町
ダンプで土砂を運ぶ際は、落下や飛散によって環境問題や事故を引き起こしてしまう可能性がある作業をしているという自覚が必要です。そのような問題を未然に防ぐためにも安全対策としての飛散防止シートは欠かせません。『J-LINEシート』は安全な運搬のためだけでなく、周囲に不安を与えない役目も果たします。小さい子どもやお年寄りなど、大型の車両が通過するだけでも不安に感じる方がいる中で周囲の方々に配慮した運搬マナーの向上を実現します。

❷作業効率化

~従来のシート掛け・取り外し手間の解消~

ダンプカー渋滞中

安全な運搬のためであるとはいえ、従来のシート掛け取り外し方法であると多大な時間ロスや作業負担になるので、決して効率のよい業務とはいえません。さらに、現場によっては足場の設置やシート掛けの人員確保など大きなコストがかかる場合があります。『J-LINEシート』は電動コボレーンの動作によって車内にいながらシート開閉が可能になるので余計な作業が発生せず、作業効率化コスト削減につながります。

❸労働者の災害防止

~乗務員の転落事故を防止~

土砂を積込中のダンプカー

シート掛け作業は時間や手間がかかるだけでなく、事故につながるおそれもあります。作業中に手足を挟んだり、高い積み荷上から転落する可能性がある危険な作業ですので、シート掛け作業前・作業中は徹底して安全対策をすることが重要です。『J-LINEシート』は電動コボレーンの動作を利用したシステムにより、手動でのシート掛け作業が必要ありません。危険な作業での事故を防ぎ、労働災害から人を守ります

❹過積載の抑止力

~土砂積み込みオペレーターの積載量判断基準へ~

土砂を積込中のダンプカー

ダンプに積み込みを行う際に最も意識する点は積載量です。車両の過積載は法律で禁止されており、違反するとドライバーだけではなく事業主や荷主にも厳重な罰則が科せられます。そのため積載量は徹底的な作業管理が必要となります。『J-LINEシート』が積載物を覆うことで目視による計測をアシストする役割もあるので、積載量を安全に管理できます

❺劣化防止仕上げ

~亜鉛メッキ・粉体塗装による強度化~

J-LINEシートのブラケット

車両は屋外にあるため天候の影響を受けやすく、外部の器具は経年劣化する可能性が懸念されます。そこで『J-LINEシート』の器具〈ブラケット・シャフト部分〉には亜鉛メッキ・粉体塗装(※)を施して、耐久性に優れた仕様となっております。そのため腐食による経年劣化がしにくく、長期間ご使用いただけます。
※微粉体の塗料に帯電させ、被塗物に吹き付け、加熱(150℃以上)して塗膜を形成する塗装

❻簡単な装着方法

~従来の電動コボレーンの動作を活用したシステム~

ダンプカーとJ-LINEシート

『J-LINEシート』を取り付けるために専用のコボレーンが必要なわけではありません。特殊な工事も不要で、電動コボレーンが設置してある車両であれば簡単に取り付け可能です。ぜひ製品取り付け専用のYouTube動画をご覧ください。また、シートを使用しない時でも各ピン1つで簡単に取り外しできます。状況に応じて、らくらくワンタッチで脱着可能です。

取り付け簡単、両側30分で完了!

軽くて丈夫です。脱着が簡単だから苦にならない!
亜鉛メッキに粉体塗装仕上げなので、劣化しにくいのが特徴!
これでいくつもの安心安全をプラス出来ます。
メーカー問わずほとんどの車両に取り付け出来ます。
詳しくはお問い合わせください。

 簡単!! 取り付け動画

シャフト・ブラケット・メッシュシート等の主要部分は

『 MADE IN JAPAN 』

標準シートサイズ  4,300(W)×1,150(H)

 

その他サイズをご希望でしたらオーダー制で対応させて頂きます‼
お気軽にお問い合わせください

 
※シートは職人が一つ一つ手作業で製作しております。
その為サイズや形に若干の違いが生じる場合がございますのでご了承ください。
万一製品に不具合が見つかった場合、記載のお問い合わせ先へご連絡いただきますようお願いします。

★☆ リニューアル ☆★

 

従来のブラケットはコボレーン枠の形状によって、取付時に一部加工が必要な場合がありましたが、
リニューアル製品はどの形状にも対応できるようになりました‼
これで、取付もより簡単に‼より早く‼
※特殊な形状の場合は一部加工が必要な場合もございます

 

そして、実際に使用して頂いているお客様のご要望に応え、
安全面や環境面でより特化した『シート素材の改良』に取り組みました!
従来のシートに比べ、さらに強度が増して性能もアップしたシート生産できるようになりました‼

 

『J-LINEシート Ⅱ型』

 

  〈使用上の注意事項〉

コボレーン(あおり)を閉じる際に内側へ倒れすぎると、積載物に干渉したり、シートに支障が生じる場合がございます。
倒れすぎを防ぐために簡易的な ストッパーを取り付けることを推奨しております。
砂に埋まっているJ-LINEシート

シートに負荷が掛かっている状態で車体を移動したり、コボレーンを開閉すると、破損や変形の原因となりますのでご注意ください

 

落下の衝撃を受けているJ-LINEシート

シートやシャフト部分に強い衝撃が加わることで破損や変形の原因となりますのでご注意ください

 

強風注意のイラスト

強風への耐久性には限りがございますので、強風時のご使用はお控えください

 

ナットとボルトのイラスト

事故を防ぐためにも定期的に留め具に緩みが無いか確認してください

 

〒859-3701 長崎県東彼杵郡波佐見町折敷瀬郷97-19 インターゴルフガーデン2F  FAX:0956-37-6658 Mail : j-line33@orion.ocn.ne.jp