ダンプコボレーンに取付可能な飛散防止シートの販売!工事現場での環境対策について

工事現場では、作業によっては粉じんや砂ぼこりが起こり、環境問題に悪影響を与えてしまう可能性があるため環境対策を講じる必要があります。ここでは、工事現場における環境対策の取り組みについて解説していきます。J-LINE-NAGASAKIでは、環境対策に欠かせない飛散防止シート「J-LINEシート」を販売しています。ダンプ用の飛散防止シートをお探しの方はぜひお求めください。

ダンプコボレーンシート・防止ネットは粉じんの飛散防止に役立ちます!工事現場での様々な環境対策の取り組み

ダンプコボレーンシート・防止ネットは粉じんの飛散防止に役立ちます!工事現場での様々な環境対策の取り組み

多くの工事現場では、以下のような環境対策を行っています。

・排出ガス対策型建設機械の使用

建設機械は環境にとって有害なガスを排出することがあります。排気ガスの発生を低減した燃料の使用、排気ガスの排出後の処理装置の設置など、排出ガスを対策した機械の使用が挙げられます。

・建設機械の集中稼働の防止

建設機械を集中的に稼働させると、排出するガスの量も多くなります。施工計画を立てる際に、どのタイミングで建設機械を使用するのかを調整することが可能です。なるべく分散稼働を行うなど、1度に大量の排気ガスを発生させないような計画を立てている工事現場も増えています。

・散水・粉じん飛散防止シートの設置

粉じんも排気ガスと同様に環境に悪影響を与えます。粉じんが飛散するのを防止するために、地上部での散水を行います。また、粉じん飛散防止シートを設置するなど、環境対策に講じています。

・良質な燃料の使用

建設機械に使用する燃料を日本工業規格が定めたものにしている工事現場も多いです。

・アイドリングストップの徹底

車の運転の際にも重要なアイドリングストップを建設機械でも欠かさず行う工事現場も増えています。従業員には、アイドリングストップの重要性について徹底的に指導を行うことが大切です。

・空ぶかしや急発進の禁止

空ぶかしや急発進は、大量の排気ガスを排出することにあるので、環境に悪影響を与えます。従業員には空ぶかしや急発進を禁止する工事現場も少なくありません。

・建設機械の点検・整備

建設機械に不具合が出て環境に悪影響を与えないよう、こまめに機械の点検・整備が大切です。多くの工事現場では、建設機械の導入時の検査はもちろんですが、月ごとに検査をするようにして不具合や異常の早期発見に努めています。

・現場のパトロール

従業員に対して環境に配慮した行動を徹底させているとはいっても、すべての従業員が遵守できているのかを把握できません。現場へのパトロールをこまめに行い、指導を行っている工事現場がほとんどです。

J-LINE-NAGASAKIでは、ダンプコボレーンに簡単に取付可能な飛散防止シートの「J-LINEシート」を販売しています。環境対策として重要な防止シートとしての役割があり、工事現場においても欠かせないアイテムです。環境対策に防止シートをお探しの方は、J-LINE-NAGASAKIのJ-LINEシートをご使用ください。

工事現場での環境対策に欠かせない!ダンプコボレーン用飛散防止シートをお探しならJ-LINE-NAGASAKIへ

工事現場での環境対策に欠かせない!ダンプコボレーン用飛散防止シートをお探しならJ-LINE-NAGASAKIへ

工事現場において環境対策は欠かせません。環境問題を無視した作業を行っていると、大気汚染による環境・人体被害の深刻化がさらに進みます。環境対策を徹底して作業を行いましょう。

J-LINE-NAGASAKIでは、ダンプコボレーンに取付可能なJ-LINEシートを販売しています。粉じんや土砂などの飛散・落下防止ネットとしても役割があり、環境対策に効果的です。ダンプコボレーンに簡単に取付可能な飛散防止シートを購入する際は、ぜひJ-LINE-NAGASAKIのJ-LINEシートをお求めください。

ダンプコボレーンに取付可能な飛散防止シートならJ-LINE-NAGASAKI

会社名 株式会社 J-LINE
代表者 代表取締役 山口二朗
住所 〒859-3701 長崎県東彼杵郡波佐見町折敷瀬郷97-19 インターゴルフガーデン2F
TEL 0956-37-6657
メール info@j-line-nagasaki.co.jp
URL https://www.j-line-nagasaki.co.jp
設立 2020年08月7日
資本金 3,000,000円(2020年8月7日現在)
営業時間 平日月曜日から金曜日の午前10時から午後5時