コボレーンシート(ダンプトラック用)の主な種類について

ダンプトラックの荷台に利用するコボレーンシートには数多くの種類があります。着脱が簡単なコボレーンシートを希望する方、おしゃれなコボレーンシートを使いたい方、劣化しにくいコボレーンシートを探している方など、どのような要望や目的かによって選ぶコボレーンシートも変わってきます。まず、それぞれのコボレーンシートの特徴について理解しておきましょう。ここでは、コボレーンシートの種類についてご紹介します。

ダンプトラックのコボレーンシートの種類を紹介

ダンプトラックのコボレーンシートの種類を紹介

ダンプトラックのコボレーンシートの代表的な仕様の種類は以下のとおりです。

・3方ロープ固定式タイプ

コボレーンシートの左右と上部をロープで固定し、シートの下部のみ荷台の内側にあるフラットバーで車体に固定する方法です。低コストであることから、コボレーンシートの中でも非常にポピュラーな仕様となります。

・ハトメ加工のマックスフローホース

マックスフローホースに固定したハトメ加工のタイプで、小型のダンプトラックによく用いられます。高い耐久性でありながら安価な点が人気を集めています。

・サニーホースが補強されたタイプ

コボレーンシートの内側に、サニーホースをシート状にしたものを溶着したタイプです。非常に強度が高くなるため、コボレーンシートの寿命も長くなります。

・ゴムロープ固定式タイプ

ゴムロープをシートに巻き込みながら固定する仕様です。枠組み部分がすっきりして見栄えがいいのが特徴です。

J-LINE-NAGASAKIでは、土砂の運搬用のダンプトラックに欠かせない飛散防止シートを販売しています。取り付けは両側で30分と簡単なうえ、軽くて丈夫なJ-LINEシートです。ダンプトラック用の飛散防止シートをお探しの方は、J-LINE-NAGASAKIのJ-LINEシートをご検討ください。

コボレーンシートの主な生地の種類

コボレーンシートの主な生地の種類

ダンプトラックに使われているコボレーンシートの主な生地は以下のとおりです。

・国産ポリエステル帆布

国産ポリエステル帆布とは、ポリエステルの短繊維織物に塩化ビニルを含ませたものです。樹脂と繊維の接着力が非常に強く厚みが出るため、風による抵抗力に優れています。

・綿帆布

綿帆布は高い通気性・耐熱性を持っています。アスファルトやコンクリートなどを積載したダンプトラックに向いています。

・フッソコート

フッソコートは耐久性をはじめ、撥水性や防汚性に優れています。ダンプトラックのコボレーンシートのほか、テント用シートにもよく採用されます。カラーバリエーションが豊富という特徴があるので、ダンプトラックをおしゃれに彩りたい方におすすめです。

・アクリルコーティング

アクリルコーティングもフッソコートと同様に、高い防汚性や耐久性が特徴です。ダンプトラックのコボレーンシートの中でも、使われることの多い材質となります。

上記のほかにもサニーホースやマックスフロー、クラエースなどもコボレーンシートの生地として使われています。

J-LINE-NAGASAKIでは、ダンプトラック用飛散防止シートを販売しています。ダンプトラックに使う飛散防止シートをお探しの方は、J-LINE-NAGASAKIのJ-LINEシートをご使用ください。

耐久性・作業効率で選ぼう!ダンプトラックの飛散防止シートは脱着が簡単なJ-LINEシート

ダンプトラックのコボレーンシートを選ぶ際は、耐久性や防汚性に優れているものがおすすめです。見た目にもこだわりたい方は、機能性に加えてデザイン性のある生地を選んでみてはいかがでしょうか。

J-LINE-NAGASAKIでは、コボレーンに簡単に取付可能な飛散防止シートの「J-LINEシート」を扱っています。J-LINE-NAGASAKIが開発したJ-LINEシートは、着脱が簡単なうえに生地の耐久性や過積載の抑止力に優れています。ダンプトラック用の飛散防止シートはぜひJ-LINEシートをご使用ください。

コボレーンシート(ダンプトラック用)のことならJ-LINE-NAGASAKI

会社名 株式会社 J-LINE
代表者 代表取締役 山口二朗
住所 〒859-3701 長崎県東彼杵郡波佐見町折敷瀬郷97-19 インターゴルフガーデン2F
TEL 0956-37-6657
メール info@j-line-nagasaki.co.jp
URL https://www.j-line-nagasaki.co.jp
設立 2020年08月7日
資本金 3,000,000円(2020年8月7日現在)
営業時間 平日月曜日から金曜日の午前10時から午後5時